天然のW断熱と性能表示に加え、坪単価50万でトリプル樹脂サッシを標準採用。
断熱性能の水準については、世界水準であるUa値0.34のグレードⅠを達成し、ウィルスや異常気象に強く、これまで以上に省エネの家を実現することができます。

天然のW断熱と性能表示に加え、坪単価50万でトリプルサッシを標準採用とします。
断熱性能の水準については、世界水準であるUa値0.3のグレードⅠを達成し、ウィルスや異常気象に強く、これまで以上に省エネの家を実現することができます。

国によるZEHビルダー登録の推奨により断熱性能(Ua値)をアップさせるために各住宅メーカーは断熱材の商品開発を進めています。
そんな中、注目されているのがW断熱です。
ひまわりほーむは断熱性向上に加え、天然の断熱材を使用することで有害物質を出さない人に優しい断熱工法として世界水準のレベルまで引き上げました。

トリプル樹脂サッシの断熱性能は現在の技術力の中で最も高い性能です。
日本では寒い北海道では普及していますが、それ以外ではほとんど出回っていません。そのため、トリプル樹脂サッシは過剰なのでは?思われますが決してそうではありません。
世界的に樹脂窓は広く普及されておりフランス、アメリカ、イギリス、ドイツでは60%以上、同じアジア圏の韓国でも80%以上もの窓に樹脂窓が採用されています。僅か7%程しかない日本の断熱性能を世界水準まで引き上げるために、ひまわりほーむでもトリプル樹脂サッシを坪50万で標準仕様としました。

2018年に『北海道基準』となるUa値0.46を標準仕様としました。ただ寒い地域のヨーロッパやカナダはもちろん、同じアジア圏の中国や韓国も世界水準の断熱性能です。
そこで、ひまわりほーむでは断熱性能推奨水準を表すHEAT20のGⅠ(グレードⅠ)をクリアする数値Ua値0.34を達成しました。
日本の断熱性能を世界水準へ・・・ひまわりほーむは坪50万で挑戦します。

従来のアルミサッシと比べ、
より断熱性にこだわった構造で、
冬は暖かく夏は涼しいという、
理想の快適空間を実現します。

①トリプルガラス ガラス層厚41mm
②ダブルLow-E膜 or シングルLow-E膜(室内側)
③中空層アルゴンガス 16mm×2
④樹脂スペーサー
⑤障子フレーム
⑥枠フレーム
⑦かかり代50㎜

3つの要素を組み合わせ、
グレードⅠのUa値0.3台の断熱方法が
誕生し、断熱性がさらにアップします。

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。
これまでの省エネに加え、「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。

断熱性能が高いと、気密性も高くなり外部からの湿気をシャットアウトしてくれるので、洗濯物が乾くのが早くなります。電気代が高い除湿器も不要です。
さらに、ランニングコストである光熱費だけでなく、エアコンのイニシャルコストを抑えられます。20畳のLDKでも、低価格な6畳用のエアコンで十分暖かく快適に過ごせます。

子どもたちは裸にタオル1枚だけ巻いて部屋へと走ってきます。すき間だらけの昔の家だと、せっかく温まった体も一気に冷えてしまい、湯冷めの原因に。実家へ帰省すると、子どもが風邪をひいてしまう、なんてことも。
その点Ua値0.46以下の家は、家じゅうの温度差が少ないため、湯冷めする心配はありません。リビングから出ても暖かいので、冬でも裸足で過ごすことができます。

ひまわりほーむのW断熱の家は音が外に逃げません!実際の防音の違いを動画でご確認ください。

冬場の窓の結露が原因によるカビで、家だけでなく健康被害も起きています。トリプルサッシなら、高い断熱性能で室内の暖かな空気と窓の表面温度の差を小さくし、結露を防いでいます。室内側のガラスやフレームに触れてもヒヤリとするような冷たさを感じません。

侵入窃盗犯は、侵入に2~5分以上手間取ればあきらめる確率が高くなるという調査データがあります。そこで、ガラス破りやこじ開けに時間がかかる複数ロックを採用し、防犯性を高めました。

ひまわりほーむでは、
坪単価50万円で
トリプルサッシを採用。
さらに、W断熱
住宅性能表示耐震
も標準仕様です。

詳しい仕様や価格を知りたい方は、
見積もりシミュレーションで
ご確認ください。
また、そのほかにも住まいのことや
家づくりのこと、土地や資金相談に
ついてなど、なんでもお気軽に
お問い合わせください。