ムク材って?

「ムク材」とは、1本の木から製材された木材のことです。一般的によく使われる集成材と違って、調湿性や断熱性に優れているのが特徴です。
構造体の土台・柱には湿気やシロアリに強い「国産ヒノキ」または「能登ヒバ」のムク材を使用し、梁には粘り強い「米マツ」を使用します。

ムク材は耐久性が非常に高いことの証明として、日本最古の木造建築である「法隆寺」にもヒノキのムク材が使われています。
「法隆寺」が建てられたのは今から約1300年以上も前のこと。一般的な住宅の耐用年数がおよそ100年程度であることを考えると、ムク材がどれほど丈夫なのかがわかります。

いいことたくさん!ムク材の家

● 調湿機能を持っている

無垢材は湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出して湿度を一定に保とうとするため、室内の湿気を一定に保ってくれます。
特に雨の多い北陸ではムク材が適しています。室内の湿度を一定に保つことは、カビ防止・風邪予防・静電気防止と色々な面で有効です。

● 室温を一定に保つことができる

無垢材は繊維の間に空気を含んでいるので、熱伝導率が小さくなっています。
このため、一度暖まると冷えにくく、室内の温度を一定に保つことができます。

● 癒し効果があります

無垢の木には、色や木目による視覚的効果、
木肌に触れた時の触覚的効果、
樹木が発するフィトンチッドによる森林浴効果など、
様々な面でストレスを和らげる「癒し」を感じることができます。

● シロアリを寄せ付けない

ひまわりほーむが土台に使っているヒノキやヒバのムク材には、「ヒノキチオール」というシロアリを寄せ付けない成分が含まれています。
ひまわりほーむでは全棟にこのムク材を使用しているので、シロアリ被害の心配が少なくて済みます。

ムク材の家にはこんな注意点もあります。

天然の木を使ったムク材は、製材してからも呼吸を続けています。湿度によっては木が縮んだり膨らんだりします。時間が経つうちに、多少の反りや割れが生じることもあります。同じ種類の木であっても、相や形、年輪はまったく同じではありませんし、一つ一つ色ムラもあります。木材も人間同様生き物なので、見た目や性質にもそれぞれ個性があります。木が持つ本来の肌触りやきれいな木目など、自然素材ならではの良さを味わっていただければ嬉しいです。

ムク材と集成材はどっちがいいの?

無垢材と集成材はそれぞれメリットとデメリットを持ち、理想の注文住宅は人それぞれです。そのため、一概にどちらの材木がいいと断言することは難しいです。ただ、どちらの木材を利用するか決定する際に注意すべき点はあります。「どんなイメージを持つ住宅にしたいのか」「家族が快適に生活するためにはどんな木材を使うべきか」など、きちんと将来を見据えつつ、両者のメリットとデメリットを把握した上での決断をすることです。 理想の家のイメージや、具体的なメリット・デメリットのご相談、コスト面について等お気軽にお問い合わせください。

お問い合せ
TEL
展示場予約
展示場予約 お問い合わせ 不動産情報