金沢兼六の家について

どこにもない良い物だけを造りたい。

どこの家を見ても「あったかいですよ」「長持ちして健康な家ですよ」「地震に強いですよ」
じゃあどの家もみんな本当に一緒なのかな…

金沢兼六の家ではすべての家を自社ではなく第三者に完成まで計5回の検査を受け、
さらに国の基準の性能成績表をつけてみなさんにお引き渡し

性能は耐震性や省エネ、空気環境から長持ちするかどうかなど計10項目に及びます。
だから言葉だけじゃないウソのない本当の「正直な家」を
みなさんにお届けできるのです。

金沢兼六の考え方

世界水準=高断熱 × 高気密=省エネ住宅

天然W 断熱と性能表示に加え、トリプル樹脂サッシを標準仕様としました。
このことによりHEAT20 G2 グレードの Ua 値 0.34 以下を達成。
全棟気密測定を実施し、気密値は標準C 値 0.9 以下をお約束。
ウィルスや異常気象に強い、これからの時代に求められる省エネの家に挑戦し続けます。
※ハイクラス Ua 値 0.26 以下 C 値 0.5 以下

金沢兼六の家の4つの約束

天然W断熱

国によるZEHビルダー登録の推奨により断熱性能(Ua値)をアップさせるために各住宅メーカーは断熱材の商品開発を進めています。
そんな中、注目されているのがW断熱です。
金沢兼六の家は断熱性向上に加え、天然の断熱材を使用することで有害物質を出さない人に優しい断熱工法として世界水準のレベルまで引き上げました。

トリプル樹脂サッシ

トリプル樹脂サッシの断熱性能は現在の技術力の中で最も高い性能です。
日本では寒い北海道では普及していますが、それ以外ではほとんど出回っていません。そのため、トリプル樹脂サッシは過剰なのでは?思われますが決してそうではありません。
世界的に樹脂窓は広く普及されておりフランス、アメリカ、イギリス、ドイツでは60%以上、同じアジア圏の韓国でも80%以上もの窓に樹脂窓が採用されています。僅か7%程しかない日本の断熱性能を世界水準まで引き上げるために、金沢兼六の家でもトリプル樹脂サッシを採用しました。

世界水準 Ua値0.34

2018年に「北海道基準」となるUa値0.46を達成させました。ただ寒い地域のヨーロッやカナダはもちろん、同じアジア圏の中国や韓国も世界水準の断熱性能が当たり前です。
そこで、金沢兼六の家では断熱性能推奨水準を表すHEAT20のG2(Ua値0.34)を超える断熱性能を常に目標とし、2021年にはUa値0.28を達成。
世界水準の断熱性能を標準仕様としました。

■HEAT20 G1/G2/G3

HEAT20とは「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」のことで、 省エネルギーと室内温熱環境の質の観点から「目指す目標像と要求水準」として 「HEAT20 G1」、「HEAT20 G2」、「HEAT20 G3」の3つの断熱性能推奨グレード値が提案されています。 金沢兼六の家の仕様は全3種類あり、それぞれの仕様によるUa値は以下の通りです。

高気密
~隙間のない家造り~

高気密住宅とは窓枠や床、天井や壁などと外部との隙間が少なく、気密性に優れている家を指しています。 高気密住宅でない木造建築の場合、木の形などから目では確認できないほどの小さな隙間ができてしまうことがあります。 この隙間から外の暑い空気や冷たい空気が入り込んでしまい、部屋の温度は季節によって変わってしまうのです。
断熱と気密は一緒に考えていくことが大切です。
高気密・高断熱住宅は、空気の流通と熱の伝わりを遮断します。 そのため、住宅内の温度が外部の温度変化の影響を受けにくいことがメリットです。 夏の暑さも冬の寒さも、住宅内には伝わりにくく、エアコンで快適に調整した住宅内の温度が長く安定して保たれるため、年間を通して快適です。
金沢兼六の家では標準C 値 0.9 以下をお約束。
ハイクラスでは、C 値 0,5 以下をお約束しています。
全棟気密測定実施によりお引渡し時に測定書をお渡しさせて頂いています。

ムク材
土台・柱はシロアリに強い4寸無垢の国産桧を使用

「ムク材」とは、1本の木から製材された木材のことです。一般的によく使われる集成材と違って、調湿性や断熱性に優れているのが特徴です。構造体の土台・柱には湿気やシロアリに強い「国産ヒノキ」のムク材を使用し、梁には粘り強い「米松」や「国産杉」を使用します。

4つのメリット

調湿効果をもっている

ムク材は湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出するため、室内の湿気を一定に保ってくれます。カビ防止・風邪予防・静電気防止と色々な面で有効です。

室温を一定に保つことができる

ムク材は繊維の間に空気を含んでいるため、熱伝導率が小さくなっています。一度暖まると冷えにくく、室内の温度を一定に保つことができます。

シロアリを寄せ付けない

土台に使っているヒノキのムク材には、「ヒノキチオール」というシロアリを寄せ付けない成分が含まれているので、シロアリ被害の心配が少なくなります。

天然素材ならではの癒し効果

ムクの木には、色や木目による視覚的効果、木肌に触れた時の触覚的効果、樹木が発するフィトンチッドによる森林浴効果など、様々な面でストレスを和らげる癒しを感じることができます。

展示場紹介

TBSハウジング 草加会場

金沢兼六の家では全社員の出社前の検温、
マスクの義務、社屋に入る際の消毒・除菌の徹底をし、
打合せテーブルにはアクリルの仕切りを設置しています。

お客様が大人数になることを避けるため、
展示場はご連絡や予約をいただいてからのご案内となります。
ご来場される際は、マスクの着用、アルコール消毒による除菌を
お願いしております。

コロナが収まるのを願ってがんばりましょう。
お知りになりたいことがあれば、
メール・LINE・お電話などで
お気軽にお問い合わせください。
皆さまのお問い合わせ・ご来場をお待ちしています。

イベント

マップ

基本施工範囲は上記のエリア内の地域となります。
エリア外でも施工可能な場合もございますので、詳しくは弊社にお問合せください。

イベント

2022.04.18

フルリフォーム

フルリフォームは、住み慣れた自宅の建物骨組みにあたる基礎・柱・梁などを残した状態で、家を新たに作り直す工事のことを言います。新たに耐震補強や断熱補強を行うことができることや、間取りのほか水回りを間取り変更の自由度が高くなります。建て替えと迷われている方は同時進行でご相談が可能です!

2022.04.03

金沢まで「まるごと案内」

石川県金沢市にある本社では、まるごと実験&体験ができる施設があります。家造りは専門用語ばかりで分かりづらい…そんなお施主様のために分かりやすく見て、触れて、感じることのできるのがまるごと実験&体験館です!実際に首都圏のお施主様と共にモデルハウスや施工中の現場、体験館を含めた見学を行うこともあります。皆様の夢のマイホーム計画は当社にご相談下さい!

2022.03.15

上棟時最上部の景色

上棟セレモニーをレポート!上棟とは柱や梁など建物の基本構造が完成し、家の最上部で屋根を支える“棟木“(むなぎ)と呼ばれる木材を取りつけることを指します。地域によっては、棟上げ(むねあげ)、建前(たてまえ)などとも呼ばれます。最上部の景色は大工さんと現場監督しか見られません。下から見上げる景色とは違い、迫力があります!

2022.02.22

現場打ち合わせ

お施主様との現場打ち合わせを行いました!図面上の打ち合わせだけでは、分からない細かい部分を現場で決めていきます。そのため当社は多くの時間をお施主様と共有しながら家造りを進めていきます。当日は現場監督の他に大工さんも交えて話し合うことも!マイホームが完成するのをわくわくします。

2022.02.03

能登(ノト)ヒバツアー!

能登(ノト)ヒバツアーの現地レポート!石川県能登町にある材木市場で自分達だけの大黒柱を選ぶツアーを行っています。永く住める家造りを信条とし、強く且つ快適な住空間を実現するために、構造から基礎に至るまで妥協ない家造りを行っています。当社は集成材を一切使用しません。国産桧(ヒノキ)の4寸角無垢材が標準仕様となります。

2022.01.18

地鎮祭

都内での現場からレポート!先日の地鎮祭の様子です。工事着工の前に行い、その土地の守護神を祀り、土地を利用させてもらうことの許しを得る儀式ですね。工事の無事をお祈りします。お施主様から御挨拶のお言葉など頂戴し、いよいよ新築工事のスタート!といった気持ちになる一日でもありますね。当社は完全自由設計の家造りですから、多くのお時間をお施主様と共有させて頂き、この日を迎えます。

施工事例

参考プラン

変形地を利用した
オープンテラスのある家

3LDK+書斎

敷地面積79.15㎡(23.9坪)
延床面積85.87㎡(25.9坪)

家事動線を考えた
家族全員が使いやすい家

3LDK+サンルーム

敷地面積100.30㎡(30.3坪)
延床面積89.43㎡(27.0坪)

中庭とウッドデッキがある
和モダンの家

4LDK

敷地面積99.17㎡(29.9坪)
延床面積91.50㎡(27.6坪)

食卓中心に考えた
家族団らんの家

4LDK

敷地面積165.85㎡(50.1坪)
延床面積104.11㎡(31.4坪)

2階リビングが開放的な
スキップフロアの家

4LDK+スタディーコーナー

敷地面積99.47㎡(30.0坪)
延床面積107.72㎡(32.5坪)

斜めラインが美しい
2階リビングの家

5LDK

敷地面積115.91㎡(35.0坪)
延床面積108.06㎡(32.6坪)

お問い合わせ

いざ、家づくりを始めようと思っても、
設計やデザインから、資金計画のこと、土地のことなど
わからないことが多いですよね。
家づくりや住まいのことで疑問に思っていること、
不安なことなどなんでもお気軽にご相談ください。

「LINEでかんたんお問い合わせ」も受け付けております。
下のボタンを押して、金沢兼六の家のLINEアカウントを
お友達登録して、お問い合わせください。

会社概要
株式会社ひまわりほーむ
石川県金沢市新保本4-66-6

本社所在地:石川県金沢市新保本4-66-6
設立年月日:平成8年8月8日
資本金  :2億1,700万円
代表   :加葉田 和夫
首都圏エリア
金沢兼六の家
東京支社
所在地 :東京都杉並区阿佐谷北3-10-12

TEL (03)6859-6777

草加展示場
所在地 :埼玉県草加市瀬崎2-34-3 
TBSハウジング草加会場内

TEL (048)928-5000

他エリアの事業所一覧
石川エリア
・金沢中央支社(本社)  
・南支店  
・羽咋支店
富山エリア
・富山支社

Copyright © Himawari Home Corporation. All Rights Reserved.

TEL