ひまわりほーむの
家づくりブログ


豪雨?のこと??線状降水帯(せんじょうこうすいたい)って聞かない言葉

『線状降水帯(せんじょうこうすいたい)』

日本語って、文字で書くとなんとなく理解できるから

いいですよね~

「線状・降水・帯」=日本語ってこう言う事なんですね~

(まあ、言葉にすると小難しいけれども・・・)

下記には、他から引用(出典: Wikipedia)したものですが

組織化した積乱雲群」なんて、聞けば聞くほど心の中で抵抗したくなってしまいます

が、とどのつまりは下記の大きな赤字+線を引いた事なのですね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

線状降水帯(せんじょうこうすいたい)は、「次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなした、組織化した積乱雲群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過または停滞することで作り出される、線状に伸びる長さ50 – 300 km程度、幅20 – 50 km程度の強い降水をともなう雨域」(気象庁天気予報等で用いる予報用語)である[1]。即ち、積乱雲が線状に次々に発生して、ほぼ同じ場所を通過・停滞する自然現象であり、

結果として非常に強い雨が特定の地域に長時間連続して降り続けることとなる。

日本でこの用語が頻繁に用いられるようになったのは、2014年平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害以降とみられる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8年前(2014年)に起こった広島市の土砂崩れ等で起きた

・たくさんの方が亡くなり

・多くの家が流された

大災害以降・頻繁に使われるようになった・・・と言うのは、

〇世界のアチコチでも起きている

〇異常な気象現象がだんだんとあたりまえ化してしまっている

と言う証左なのかもしれません

ーーーーーーひまわりほーむは、住宅の会社です

皆さんと共に、少しでも家族の命を守る家をともに考えたいと思います

 

お問合せフォーム

 

お電話でのお問い合わせ
0120-79-8100

株式会社ひまわりほーむ

お問い合せ
TEL
展示場予約
展示場予約 お問い合わせ 不動産情報