ひまわりほーむの
家づくりブログ


金沢兼六の家〜住宅性能通信〜木造住宅と鉄骨住宅

 

木造住宅と鉄骨住宅

違いを比較してみよう!

〜金沢兼六の家〜

 

 

今回は木造住宅と鉄骨住宅の違いはなにか?

ハウスメーカーを選ぶ際、木造住宅と鉄骨住宅のどちらを選ぶべきか悩まれる方も少なくないと思います。そこで今回は木造住宅と鉄骨住宅を比較してみました。

 

木造住宅の特徴

木造住宅は、住宅の主要な部分に木を使っている住宅のことを言います。木造は、日本で古くから数多くの建物に用いられており、鉄骨よりも馴染みのある方も多いのではないでしょうか。一口に木造住宅といっても、日本古来からの工法である「在来軸組工法」、北米から輸入された「2×4工法」や「パネル工法」などさまざまな工法があり、ハウスメーカーによって採用している工法は異なります。

 

鉄骨住宅の特徴

主要な構造体に鉄骨を使っている住宅のことで、使用する鉄骨は「軽量鉄骨」と「重量鉄骨」の2種類に分けられます。ハウスメーカーの一戸建て住宅で多く採用されているのは軽量鉄骨で、厚さ6ミリ未満の鋼板からなる部材が使用されています。重量鉄骨はマンションや大型デパートの建設に採用されることが多く、鋼板の厚さが6ミリ以上のものを言います。

 

木造住宅のメリット

ハウスメーカーにもよりますが、鉄骨住宅と比較すると価格が安い傾向があります。また木造住宅は、間取りの自由度が高いため、デザイン性に富んでおり、リフォームや改装がしやすいです。注文住宅であれば、より自分の理想に近い間取りが実現可能です。吸水性・吸湿性も高く、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。四季がはっきりしており、湿度条件の変化が大きい日本の風土に合っているの言われます。

木造住宅で気になることの一つに「火災」が挙げられるのではないでしょうか。実は、木造住宅は意外と燃えにくいと言われています。木は表面こそ燃えやすいですが、表面が燃えると炭化という現象が起き、中心部まで燃えるのを防いでくれるためです。それにより、木造住宅が急に焼け崩れることはほとんどありません。

また鉄骨住宅と比較して耐震性も劣るイメージがありますが、決してそういうことはありません。軽くしなやかな木造の建物は、同じ大きさの建物の中では揺れが小さくなるという特徴があります。また、建物を支える筋かいや、バランスよく配置された耐力壁などによって、地震に耐える構造になっています。

 

木造住宅のデメリット

木造住宅に使用される木材は自然素材のため、鉄骨と比較すると耐用年数が短いとされています。このほか、職人さんの技量や木材の品質にばらつきが生じやすいということも理解しておく必要があります。

 

鉄骨住宅のメリット

軽量鉄骨を採用しているハウスメーカーでは、あらかじめ工場で一定の組み立てをする方法を用いている場合が多いため、品質のバラつきが少ないでしょう。また強度の高い鉄を使用するため、柱と柱の距離を大きくとることができます。それにより間仕切り壁を設けることなく、広いリビングやダイニングなどゆったりとした大空間の間取りをつくることが可能です。

耐震性に関しては、鉄骨の建物は鉄や鋼の「粘り」によって地震に耐える構造になっています。地震で力が加わったとしてもその粘りによってしなり、変形するため地震のエネルギーを吸収し、倒壊しにくいと言われています。

 

鉄骨住宅のデメリット

鉄骨造の注文住宅は木造住宅と比較して、建築費用が高くなる傾向があります。鉄骨は木材と比較してかなり重いため、土地の地盤が弱い場合は地盤を強化しなければならないためです。立地条件や地盤形状によっては、この地盤改良工事で費用がかかることがあるため、選定するときは工事費用などを十分考慮して検討する必要があります。

また、鉄の価格上昇があれば鉄骨住宅の価格も上昇してしまいます。同じハウスメーカーでも、購入時期によって坪単価に変動が生じることもあるでしょう。購入時期も合わせて検討する必要がありそうです。

鉄骨住宅は、柱と梁だけで成り立たさせる構造上、壁は空間を仕切るだけの薄いものとなるため十分な断熱対策が必要です。鉄骨住宅を検討する際は、営業担当の人に確認を取ることを勧めす。

 

どうでしょうか。違いが見えてきましたか?!

金沢兼六の家は、木造の在来軸組工法でお家を建てています。

次回、在来軸組工法と木造枠組壁工法(ツーバイフォー(2×4)工法)の比較をご説明したいと思います。

 

最後までお読み頂き有り難う御座いました。

ちょっとしたリフォームからフルリフォームのご相談!

土地探しからの新築をご検討の方、建替えをご検討の方

お気軽にお問い合わせください!

社員一同、皆様のご来場心よりお待ちしております。

 

お問い合わせは各種対応しております!

資料請求はこちらから

イベント予約フォームはこちらから
予約フォーム

 

家づくりに関するお問合せはこちらから
お問合せフォーム

 

お問い合せ
TEL
展示場予約
展示場予約 お問い合わせ 不動産情報