ひまわりほーむの
家づくりブログ


金沢兼六の家〜住宅性能通信〜日本住宅寿命を考えてみよう

日本住宅寿命はなぜ30年なのか?

・時代背景 ・仕組み ・ビジネスマインド

金沢兼六の家〜

皆様は日本の住宅寿命をご存知でしょうか。およそ30年余りです。

今回は3つの観点から解説していきたいと思います。

国土交通省が発表している「平成30年度 住宅経済関連データ」の中に、居住水準等の国際比率という項目があり『住宅利活用期間と既存住宅の流通』で示されている壊された住宅の建築後平均年数の比較が載っていますが、イギリスは80年。アメリカは66年。これに対して日本の住宅は、たった32年足らずにすぎません。
日本住宅は、なぜ30年の寿命しかないのか。材料が木だからといわれれば、それは違います。奈良や京都に残る築千年を越える木造建築には、何世代にもわたる使用に耐えてきたものもあります。もちろん、建築技術のせいでもありません。ビルや高層マンションの建設で、世界トップクラスの技術を誇る日本です。住宅の建設技術だけが欧米諸国に劣るはずはありません。ではなぜなのか??

①時代背景
寿命が短い大きな理由に、戦後復興から高度経済成長との関係にあります。戦後復興を遂げる過程で住宅環境の整備は最優先事項でした。また昭和40年代に入ると、都会に人が集まり、通勤圏が郊外へ拡大するのにともなって、たくさんの住宅が必要になりました。団地と呼ばれるベッドタウンが大都市近郊のあちこちに造成され、集合住宅や分譲住宅が整備されました。戦後復興の時代と同じく個々の家の質よりも、大量供給が優先されたのです。性能担保よりインフラ整備が優先された訳ですね。金融機関の住宅ローンが整備されたのも、この時期でした。
都会に出てきた人たちの持ち家志向は、一気に高まりました。将来も上がり続けるであろう給料に期待し、ローンを組んで住宅購入に踏み切る人が続出したのです。
新しい家が建てば、家電や家具も売れます。当然、住宅産業全体は潤いますし、住宅市場の動きが経済全体の指標になっていることで明らかなように、住宅需要の喚起はいっそうの経済拡大につながります。そのため家の寿命は短いほうが、当時の国の政策としても都合がよかったのです。

②仕組み

日本ではメンテナンス(修繕・リフォーム)をして住み続けるという習慣がないことが挙げられます。

欧米では、メンテナンスをしながら1つの家に長く住み、家の価値を高めていきます。

住宅投資に占めるリフォームの割合は
日本が28%なのに対して、イギリスは57%、フランスは56%、ドイツは77%となっており、日本の倍以上の費用をリフォームにかけていることが分かっています。

更に日本では築浅物件と比べて住宅ローンの申請がしづらいという背景があります

①でもお話ししたように大量生産型で作られた住宅性能は悪く、また建築基準法改正前のお家をリフォームして住み続けるならば建替えというのが一般的な結論となっているのが現状です。

③ビジネスマインド

建築基準法改正により昭和56年以降から耐震などの基準が良くなりました。が、①でもお話ししたように大量生産型の家造りはまだまだ続いています。性能より価格重視になり、利益第一主義の観点から施主様ファーストをどこかに置いてきてしまっている点が否めません。世界から比べ日本の住環境が後進国と言われてしまう所以です。

また改正後の基準も、あくまで最低限度の基準であり、快適な住空間かと問われると決してそうとは言えません。耐震面、構造面での安心と快適の先に永く住める家というのがあるわけです。エネルギー環境面の観点からも今後は永く住める家ということに注視しなくてはいけないと考えます。

と、3つの視点から日本住宅寿命が30年ということをご説明させて頂きました。

基本、住宅ローンを組まれると思います。キャッシュで3千万、5千万とお支払する訳ではありませんが間違いなくローンという形で後に支払いをするわけです。

人間どうしてもキャッシュではないと実感値として高額のお金を使っているというのが鈍くなったりします。住宅購入は大方の人が生涯の中でも第一位の高額な買い物になるかと思いますので、改めて慎重になるべきだと考えます。

お選びになったメーカーが利益第一主義ではありませんか?

細かい住宅性能のご説明はお受けになりましたか?

今後掛かるメンテナンスコスト(維持管理費)のご説明は受けましたか?

また購入がゴールではなく、そこに住み続けるわけです。せっかく高いお買い物をしたのに、その後我慢しながら住み続けるというのも辛い話です。

が、実際そういった方が沢山いらっしゃいます。

失敗しないためにも、現在は情報フリーな時代ですから、事前に住宅の知識を高め、自身がご納得して快適なお住まいを建てられることが私の願いであります

最後までお読み頂き有り難う御座いました。

ちょっとしたリフォームからフルリフォームのご相談!

土地探しからの新築をご検討の方、建替えをご検討の方

お気軽にお問い合わせください!

社員一同、皆様のご来場心よりお待ちしております。

 

お問い合わせは各種対応しております!

資料請求はこちらから

イベント予約フォームはこちらから
予約フォーム

 

家づくりに関するお問合せはこちらから
お問合せフォーム

お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル
0120-79-8100

城北営業所
048-928-5000

 

展示場はこちらからアクセス⬇️

 

 

お問い合せ
TEL
展示場予約
展示場予約 お問い合わせ 不動産情報