ひまわりほーむの
家づくりブログ


世界水準の断熱性能へ

「冬場に半袖でガリガリ君!」・・・2年前のことです、天然W断熱を思い至った時に北海道の基準と本州との違いを初めて知りました。寒い北海道ではガリガリ君なのに「我が家ではセーターに厚着」『何で?』そこで思いきって全棟で北海道基準を標準化しました。「それでも世界の水準には程遠い!」こと、日本の省エネは先進国では最も緩い水準で韓国やメキシコにも劣ることを学びました。

→『北海道基準』のページはこちら

 

ヨーロッパやカナダのような寒い地域ならわかるけど、同じアジア圏の中国や韓国の断熱性能よりも日本は劣っているんだね・・・。
ぼく
ぼく

※Ua値=家の外皮全体から1時間あたりどれほど熱が逃げるのかという断熱性能を現す値
この値が低いほど断熱性能が高い家ということです。

北海道基準から世界水準へ(Ua値0.46→0.28~0.38)

天然W断熱

トリプル樹脂サッシ

+Ua値0.34

=坪50万で実現 しました。

→天然繊維セルロースファイバーについて
→トリプル樹脂サッシ
→HEAT20外皮性能グレードについて(Ua値0.34)
→ひまわりほーむ価格シミュレーション

 

“世界水準の家”で得られるもの〈今だからこそ!!〉

①年間の水道・光熱費の削減がスゴイ!!

冬場はもちろん夏場の高温多湿な時期にも、快適かつ大幅な省エネ(LIXILによる当社計算では、東京の場合、一般の家に比べて年間水道・光熱費181,500円の削減で約57%ダウン)となります。

2020年より前の省エネ基準の家と比べて世界基準の家は年間で269,360円も水道光熱費がお得になるのね!
これは家計にとって、とってもありがたいわ!
ママ
ママ

②快適な室内環境に住めます!!

断熱性を高めることによって、家の中の温度を一定に保ちやすく冷暖房の効き目がよいため1年中快適に暮らすことができます。

さらに結露の発生を防ぎ、アレルギーの原因となるカビやダニの繁殖を抑えることができます。

 

③家族の健康を守る!!
(お年寄りも子供もヒートショックやウィルス・菌から守ります)

 

断熱性を高めることによって、家の中の温度を一定に保ちやすいため、室内の急激な温度差がもたらすヒートショックのリスクを減らします。

また、気密性が高いため、外部からのウィルスや花粉などからも家族を守ります。近い未来、日本でも世界水準の断熱・省エネの住まい、省エネ基準義務化はやってきます。

 

世界水準の家を実現する3つの約束

 ⓵木から生まれた天然繊維とのW断熱
天然繊維(内断熱)120㎜ + (外断熱)40㎜ =160㎜

 ➁トリプル樹脂サッシ

③Ua値0.34

→環境共創イニシアチブ(ZEN事業)

→LCCM住宅(国土交通省ホームページ)

 

北海道から世界水準へ・・・

坪単価を変更せずに坪50万で『本物の木のムク材の家』で“世界水準の省エネの家”に挑戦します!

→ひまわりほーむ公式サイト

→北海道基準ブログ

 

家づくりに関するお問合せはこちら
お問合せフォーム

 

展示場予約フォームはこちらから
予約する

 

お電話でのお問合せ
0120-79-8100

 

 

株式会社ひまわりほーむ

お問い合せ
TEL
展示場予約
展示場予約 お問い合わせ 不動産情報