ひまわりほーむの
家づくりブログ


断熱材の性能《北海道基準から世界水準へ》

省エネ基準

日本ではUA値0・87以下・ZEHでも0・6程度・・・北海道なら0・46以下

断熱・省エネと言う事について、UA値という言うモノサシがあります

これは世界的なモノサシでして、日本のほとんどの地域が、

0・87以下(もう、これはクリアしたから・・なんて言うよりも、最低基準の値です)

北海道の基準では0・46以下なんですが、

世界に目を向けると、UA値0・28~0・38が基本になっています

これは北欧だけではありません

中国や韓国だって、断熱省エネ基準はこのレベルです

ですからよく調べていただくと、日本の省エネ基準の甘さが分かります

「別に甘くたっていいじゃないか!」

その通りです

ただ、話させて下さい

この断熱省エネって、そんなに難しいものではないんです

ラニングコスト

自分の家を建てるときに、

あと50万~100万程度のコストをかけるだけで、

20年・30年先までの光熱費が「うーんと違い」

そしてエアコンなどの機器が「ぐーんと長持ち」します

住宅メーカーさんや工務店さんは、

皆さんには想像つくと思いますが・・・

建物価格がわざわざ高くなるようなことをお勧めしませんし、説明なんかしません!

「あと100万円余分に掛かりますが、

断熱材を良いものにしてあります、当社で契約お願いします」

なんてことを言う方は、あまりいないのではないでしょうか?

ですから、皆さんは自分の方から
「多少は価格が上がってもいいので、断熱省エネをUA値0・6以下にしてください

どれくらいUPしますか?」と、試して見れば良いのです

断熱・省エネといっても、工夫の仕方で様々なやり方が生まれてきます

勉強している人と勉強していない人の差が出てきますよ

ちょっと面白いと思います

 

追伸です
ところがびっくりすることに、他社と競合すると・・「当社の断熱省エネはバンバンで

す」「これだけやっておけば、省エネは充分です」と言う画面にぶつかったりします

この方たちは、UA値では0・6~0・7ぐらいの数値でこんな事を堂々と言ったりします

我々からすると本当にびっくりします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カバタ
カバタ

お付き合いいただきありがとうございます

まだまだ続きます

家づくりに関するお問合せはこちら

お問合せフォーム
展示場予約フォームはこちらから

予約する

株式会社ひまわりほーむ

tel:0120-79-8100

mail:soudan@e-himawari.co.jp

お問い合せ
TEL
展示場予約
展示場予約 お問い合わせ 不動産情報