~ 県産材の現状 ~ 県産材モデルのブログへ
今まで十分に整っていなかった 県産材 の供給体制を確立するため、
森林組合などが木材を整備する検討に入っており、
木材の 「地産地消」 の流れは、さらに加速するとみられています。
          県産のスギの間柱の月平均の出荷量は、
今年度に入って昨年度の 約68%増 となっています。
ひまわりホームの取り組み
プロジェクトの打ち合わせのようす⇒ 打ち合わせの様子
県産材の家ぜひご覧下さい
県産材の家をぜひご覧ください
相木地図 無垢材の構造
 相木県産材モデル 平成23年3月OPEN!
お問合せはひまわりホーム   お問合せはひまわりホーム

      お問い合わせ