建物の地震対策について
地震が起きやすい日本の建物は、地震対策が必須です。
最近ではテレビでも、地震対策について報じる番組が増えてきました。
地震に備えて建物を強化する工法は、

    耐震工法、制震工法、免震工法

    の3つがあります。
    皆さんもこれらの言葉を耳にしたことがあると思いますが、その違いは何なのか?
    そもそもどういう工法なのか?
    それぞれのメリット・デメリットの比較をしてみました。

     それぞれの工法の特徴

    地震に耐える耐震工法
    耐震工法
    地震の力を吸収する制震工法
    制震工法
    地震の力を逃がす免震工法
    免震工法
    地震に耐える耐震工法 地震の力を吸収する制震工法 地震の力を逃がす免震工法

    耐震工法とは、筋交いなどの耐力壁で建物を強化する工法です。建物をがっちりとつくることで地震に耐える、粘りと強さが要の工法です。
    日本ではもっとも一般的な地震対策で、基本的に制震工法も免震工法も耐震工法を併用します。

    制震工法とは、地震による揺れを建物に施した装置で吸収し、揺れを小さくする工法です。
    制震工法の中でもいくつか方法があります。高層ビルにも使用されるダンパーという装置は、地震の揺れ熱エネルギーに変換して吸収し、建物の損壊を防ぎます。

    免震工法とは、基礎と土台の間に緩衝材となる装置を取り付け、地盤と建物を切り離し、地震による揺れを建物に伝えずに逃がす工法です。
    免震工法の装置も、ゴムで出来たもの、半球体が埋め込まれているものなど様々です。

      地震に耐える耐震工法 地震の力を吸収する制震工法 地震の力を逃がす免震工法
       
       
      ひまわりほーむは耐震工法です

       それぞれの工法の比較


      耐震工法

      制震工法

      免震工法



      • コストが低い
      • 建物をしっかりつくる安心感
      • 免震工法よりコストは低い
      • 繰り返しの揺れにも対応
      • 建物内部に地震の揺れがほとんど伝わらない
      • 構造体や家具の損傷がない




      • 建物内部に揺れが伝わるため、家具などの地震対策も必要
      • 装置のメンテナンスが必要
      • 建物内部に揺れが多少伝わるため、家具などの地震対策が必要
      • コストがかかる
      • 装置のメンテナンスが必要
      • 配管が建物に追従できるように特殊なしくみが必要
      • 建物が動くので、建物のまわりに物を置けない









      不適






      無し

      無し

      有り

      ⇒ひまわりほーむ人気の秘密へ

      ⇒ひまわりほーむ「耐震」のページへ

      ⇒ひまわりほーむ長期優良住宅 構造写真集へ

      ひまわりほーむへの質問はコチラ