月別アーカイブ: 9月 2011

ひまわりほーむの強み ④

ありがとうございます

 ひまわりほーむかばた です

 ひまわりほーむ は無垢材・性能表示・長期優良

 ・耐震・省エネにこだわる住宅のプロです

 昨日書いた性能表示ですが ・・・

 詳しく書くと長くなりすぎるので、現状だけを言うと、

 『注文住宅で 年間50棟以上やっている住宅会社が、

        100%許可評価も 建設評価もやっているところはない』

 と 言い切れてしまいます  つまり、ダントツです

 つまり、この面では NO.1企業 です

 つまり、性能表示では ぶっちぎり です

 でも、何かこれでいいのか と感じてしまっています

 とっても大切なことなのに なんでだろう?

 

ひまわりほーむの社員紹介

 村 主任

 石川施工
 
見た目はちょっとオジサン

でも、住宅のことはよく知っている

 また 真面目な人です

カテゴリー: 社長 加葉田のブログ | コメントする

<フラット35S>適用対象を「省エネ住宅」に限定し復活を目指す

 国土交通省は21日、9月末で申し込み受け付けを終了する
長期固定金利型住宅ローン「フラット35S」の金利1%引き下げ措置について、
11年度第3次補正予算で財源を確保し、適用対象を「省エネルギー性に
優れた住宅を取得した場合」に限定して、今年度中に復活を目指す方針を明らかにした。

 現在のフラット35Sは、省エネルギー性のほか耐震性、バリアフリー性、
耐久性・可変性のいずれかに優れた住宅を取得した場合が対象。
最長35年間にわたって適用金利が固定されるのが基本のローン
「フラット35」の特徴だが、現在の「35S」は当初10年間について、
「35」より1%低い優遇金利を適用している。

 元々の金利引き下げ幅は0.3%だったが、昨年2月から1%に拡大した。
ところが利用者が想定より多かったため、同省は8月、今年12月末としていた
受付期限を3カ月前倒しすることを決めていた。

毎日新聞 9月22日(木)2時30分配信

カテゴリー: 東京エリアのブログ, 社員ブログ | コメントする

ひまわりほーむの強み ③

ありがとうございます


ひまわりほーむかばた です

ひまわりほーむ は無垢材・性能表示・長期優良

・耐震・省エネにこだわる住宅のプロです

 

 『ひまわりほーむの “ダントツの強み” を決めました』 と


先週書いたら、社員から 『今、ロープレを始めているのですが、


性能表示の説明が難しいですね』 と言われました


そうなんです


この “性能表示” なるもの、とっても難しいのです


『住宅の性能を通知簿のように点数化して、わかり易くする』


という、国交省の意図なんですが、実は実行している企業が


少ない のが現実です


だから、お客様は無論、競合他社もほとんどやらないから、


なおさら伝えにくい ・・・ 難しい ・・・ 明日

 ひまわりほーむの社員紹介

角 幸江

総務管理室


ひまわりほーむ一番の純粋人間

この人は この一言に尽きる

カテゴリー: 社長 加葉田のブログ | コメントする

【9月23・24・25日】 砺波 完成展示会!!

ご好評につき、この3連休も完成見学会を行います!!

実際に住まわれるお家なので生活観たっぷりの仕上がりになっています。

また生活をイメージしやすいので家造りの参考に必ずなります!

なかなか見ることのできない機会なのでぜひお越しください!!

またすぐそばにあるモデルハウスも見学可能です!

皆さんの家造りの悩み、相談事を気軽に話してみてください!

そして一緒に解決していきましょう!!!

ご来場お待ちしております!!!

カテゴリー: 富山エリア展示会, 未分類 | コメントする

[田多]日本一の山

今月の初めに富士山に登りました。

富士山に登るのは、今回が初。

気持ちの良い登山になるかと思いきや、

あいにく台風の時期であったため、天侯が悪く、霧で覆われた富士山は

何の景色も見せてくれず、ずっと真っ白でした。

しかも8.5合目で、突風がビュンビュン吹くため、あえなく下山することに。

7時間かけて登った道をしぶしぶ引き返すのは、残念でなりませんでしたが、

おかげで山の厳しさを知りました。

また挑戦します。

カテゴリー: 未分類, 田多 貴洋 | コメントする

先日の台風

先日の台風による被害の、想像を超える被害の甚大さに驚いています。
首都圏の電車はほとんど止まってしまい、大変でした。
私の家の近所でも、飛んできた看板のようなもので、窓ガラスがわれてしまいました。

突然雨漏りが発生していませんか?

雨戸のがたつきはありませんか?

瓦にズレはありませんか?

屋根の板金はとんでませんか?

雨どいがはずれていませんか?

 ここ10年ほど屋根点検をしていない家は、できるだけ早い時期に点検をしましょう。
また瓦のズレがあると雨漏りの原因になったり、瓦が飛んでいくこともあります。

雨どいの点検も大切です。雨どいが機能していないと、外壁や基礎を早く腐食させ
家が傷みやすくなります。
ただし高所の点検は大変危険ですので、お気軽にお問合せください。

0120-79-8100
お問合せの際は「ホームページを見て」とお伝えください。

台風の前後の点検

①外壁のひび割れやコーキングの劣化をよくチェックしましょう!
台風での雨漏りは実は屋根からしているとは限りません。
巻き上げる風で、普段は入らないひび割れた外壁面などから雨水が侵入し、
台風や大雨がきたらいきなり雨漏りが始まったという家も多いです。
最近の「ゲリラ豪雨」にも注意です!

②バルコニーやひさし、サッシや雨戸などの取り付け部に劣化が無いか確認する!
普段つかっている際、多少の“ガタツキ”はなんとかなるだろうと
ほおって置くのは注意!強い風が繰り返されてビスがゆるみ飛ばされるケースが
あります。わが家の近くでもトタンが飛んでました。

③電線や配管差し込み部に劣化が無いか確認する!
電線を通すための穴の隙間をうめるためのコーキングが劣化していたり、
エアコンの配管も注意です。ここから雨水が浸入するケースもあります。

④お庭の植栽、ガーデニング関係もしっかり固定!
植木鉢など重たいと思っていても、枝や葉が風にあおられて飛ばされたり、
ラティスなどもきちんと固定してください。

※屋根に上っての点検は危険です
瓦は以外にすべります。雨が降った後は特に危険です。
プロにお任せください。
瓦助っ人隊がすぐ動きます!http://www.himawari-tokyo.com/
また随時更新してまいりますので、よろしくおねがいいたします。

アンテナは飛ばされませんでしたか?お問合せは
0120-79-8100
お問合せの際は「ホームページを見て」とお伝えください。

カテゴリー: 東京エリアのブログ | コメントする